ヘアサロンの選び方


みんなヘアサロンってどんな風に選んでいるんでしょう?

ヘアサロンの中には遠方からのお客さんも多いようなカリスマ美容師のいる有名ヘアサロンもありますが、ほとんどのヘアサロンは地域のお客さんによって支えられているのが現状です。なので、ヘアサロンの善し悪しを判断するには口コミや評判を調べる、つまり地元の人の声を聞いてみるのが一番でしょう。近所のOLさんが行列と作っている、なんて場合はかなり当たりかもしれませんし、「ステキなヘアスタイルだな」と思う知り合いの話を聞いてみるのもよいでしょう。

以前、どこかで美容師さんが選ぶよい美容室の基準について読んだ記憶があります。

それによると、一番のポイントが「美容室に信念があるかどうか」でした。お客の言いなりになって、イエスマンばかりのお店はよくないということです。その他、「室内が綺麗にしてあるか」(乱雑だったりホコリが貯まっているのは、神経が細やかではない証拠)、「接客態度がよいか」などが続きます。あまり技術やテクニックについては出てきませんでした。利用者側から見ると意外ですよね。でも、結局技術やテクニックって、ドングリの背比べでそんなに違いが大きくはない、また人によって合う・合わないがあるのだそうです。それに、お客さんも技術が優れたお店に集まっているわけではないのだそうです。言われて見れば、あなたもこのヘアサロンは感じがいいという理由で選んでいませんか。ヘアスタイルもさることながら、私たちはヘアサロンに癒しを求めにいっている面も否定できないでしょう(ついついイケメン美容師やカリスマ美容師のいるヘアサロンに行きたくなるのも同じ理由でしょう(笑))。

最近の美容室では、パーマ、エクステ、カラーリング、トリートメント、縮毛補正などなど、いろんなメニューが提供されています。当然各美容院がその全てにおいてパーフェクトということはあまりなく、それぞれ強み弱み、さらには特徴あるサービスがあったりします。ですので、最近の市場調査によると、利用者はそれらのメニューによって、複数のヘアサロンを使い分けるような傾向もあるそうです。さらに使い分け派は、「気分によってヘアサロンを変えたい」「スタイルのマンネリ化を避けたい」「リタッチは気軽に近所で、スタイルを変えたいときは有名サロンで」などと考えている人もいるそうです。